リューダース(Lueders)先生の書いた初等物理の本


1994年と1997年にドイツのベルリン自由大学のリューダース教授のと ころにお邪魔させてもらいました。その時の記録はここここにあります。

最近、リューダース先生はご友人のポール先生と初等物理の教科書を 書かれました。何が特徴かというと、いくつもの物理実験を実際に行っ てビデオにしているという点です。よくありがちと思いますが、実 際に身近な方がするのを観るのは初めてです。

(ビデオファイル 26.3Mbyte)

これが実にすごい。両先生ともお年の先生がたなのですが、自ら実験 に立っておられます。またなんとも言えない雰囲気がドイツしていま す。ビデオの中身は慣性モーメントに関連するところです。慣性モー メントを大きくしたり小さくするために体を張ってやっております。 日本だとたぶんスケートをする人の映像が出てくるだろうというとこ ろです。

なお、このビデオは教育用なので公にしてよろしいということでした。 原著はドイツ語でしてたとえば ここにありました。

Pohls Einfuehrung in die Physik : Mechanik, Akustik und Waermelehre,
Klaus Lueders, Robert O. Pohl, Robert W. Pohl
Springer, Berlin, 2004
EUR 49,00

第1巻力学に続いて第2巻の電磁気と光も出版されて、次は英語版を出 すということなので、読めるようになると楽しみにしており ます。


Last modified: Thu Apr 6 14:36:28 JST 2006